[ 京都大学 | 工学部・大学院工学研究科 | 電気工学専攻・電子工学専攻 | 電気電子工学科 | 土居研究室 ] [ 日本語 | English ]
木村 真之 (きむら まさゆき)

助教
|| 個人情報 ||
氏名: 木村 真之 (きむら まさゆき)
生年月日: 昭和56年06月20日
現状: 助教
所属:
京都大学大学院工学研究科 電気工学専攻

京都大学工学部 電気電子工学科(兼担)

〒615-8510 京都市西京区京都大学桂 A1棟418号室
電話: 075-383-2204
写真電送機: 075-383-2205
電子郵便: kimura.masayuki.8c@kyoto-u.ac.jp

所属学会:
応用物理学会 (平成16年03月 — 現在)
電子情報通信学会 (平成18年03月 — 現在)
システム制御情報学会 (平成20年04月 — 現在)
IEEE (平成23年01月 — 現在)
me

|| 教育情報 ||

担当講義

  • 電気電子工学回路演習(京都大学工学部電気電子工学科), 前期・木曜3,4限


|| 研究情報 ||

論文

  • M. Kimura, A. Mitani, and S. Doi, "Existence and stability of intrinsic localized modes in a finite FPU chain placed in three-dimensional space," Letters on Materials 6(1), pp. 22-26 (2016).

  • A. Yamamoto, M. Kimura, and T. Hikihara, "Indirect magnetic suspension by an actively controlled permanent magnet," Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE 4(3), pp. 284-298 (2013).

  • M. Kimura and T. Hikihara, "Experimental manipulation of intrinsic localized modes in macro-mechanical system," Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE 3(2), pp. 233-245 (2012).

  • M. Kimura and T. Hikihara, "Capture and Release of Traveling Intrinsic Localized Mode in Coupled Cantilever Array," Chaos 19, 013138 (2009).

  • M. Kimura and T. Hikihara, "Coupled Cantilever Array with Tunable On-site Nonlinearity and Observation of Localized Oscillations," Phys. Lett. A 373, 1257 (2009).

  • M. Kimura and T. Hikihara, "Stability Change of Intrinsic Localized Mode in Finite Nonlinear Coupled Oscillators," Phys. Lett. A 372, 4592 (2008).

  • M. Sato, S. Yasui, M. Kimura, T. Hikihara and A. J. Sievers, "Management of localized energy in discrete nonlinear transmission lines," Europhys. Lett. 80, 30002 (2007).

  • T. Fukuma, M. Kimura, K. Kobayashi, K. Matsushige and H. Yamada, "Development of low noise cantilever deflection sensor for multienvironment frequency-modulation atomic force microscopy," Rev. Sci. Instrum. 76, 053704 (2005).

国際会議論文

  • M. Kimura, Y. Matsushita, and T. Hikihara, "A study on bifurcations and structure of phase space concerning intrinsic localized modes in a nonlinear magneto-mechanical lattice," AIP Conference Proceedings 1474, pp. 55-58 (2012).

  • M. Kimura and T. Hikihara, "A Study on Intrinsic Localized Modes in a Macro-mechanical Cantilever Array with Tunable on-site Nonlinearity," Procedia IUTAM 5, pp. 288-291 (2012).

国際学会(口頭発表)

  • M. Kimura, R. Tsujisaka, T. Hikihara, Y. Taniguchi, and Y. Matsushita, "A study on reflection of moving intrinsic localized modes at a junction of two different nonlinear lattices," 2014 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2014), Luzern, Switzerland, September 14-18 (2014).

  • M. Kimura, Y. Matsushita, and T. Hikihara, "A study on feedback control of intrinsic localized modes in a micro-mechanical cantilever array," 2013 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2013), Santa Fe, New Mexico, USA, September 8-11 (2013).

  • M. Kimura, Y. Matsushita, and T. Hikihara, "Stability of Intrinsic Localized Modes in Parametrically Driven Coupled Cantilever Arrays," SIAM Conference on Applications of Dynamical Systems(DS13), Snowbird, Utah, America, May 19-23 (2013).

  • M. Kimura and T. Hikihara, "A numerical study on parametric resonance of intrinsic localized modes in coupled cantilever arrays," 2012 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2012), Majorca, Palma, Spain, October 22-26 (2012).

  • M. Kimura, Y. Matsushita, and T. Hikihara, "Observation of Intrinsic Localized Modes in Magneto-mechanical Cantilever Array with Tunable On-site Potentials," International Conference on Applications in Nonlinear Dynamics(ICAND2012), Seattle, Washington, USA, August 26-30 (2012).[Invited]

  • M. Kimura and T. Hikihara, "A study on bifurcations and structure of phase space concerning intrinsic localized modes in a nonlinear magneto-mechanical lattice," 19th International Symposium on Nonlinear Acoustics(ISNA19), Tokyo, Japan, May 21-24 (2012).

  • M. Kimura and T. Hikihara, "Nonlinear oscillations in two coupled elastic beams with tunable nonlinear potentials," 2011 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications(NOLTA2011), Kobe, Japan, September 4-7 (2011).

  • M. Kimura and T. Hikihara, "A Study on Excitation of Intrinsic Localized Modes in Macro-mechanical Cantilever Array with Tunable Potentials," 2011 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications(NOLTA2011), Kobe, Japan, September 4-7 (2011).

  • T. Hikihara and M. Kimura, "Control of Intrinsic Localized Mode in Coupled Cantilever Array," IUTAM Symposium on Nonlinear Dynamics for Advanced Technologies and Engineering Design(NDATED), Aberdeen, UK, July 27-30 (2010).[Invited]

  • M. Kimura and T. Hikihara, "Experimental manipulations of intrinsic localized mode in macro-mechanical cantilever array toward micro-system," 2009 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, Sapporo, Japan, October 18-21 (2009).

  • A. Yamamoto, M. Kimura, and T. Hikihara, "A Study on Indirect Suspension of Magnetic Target by Actively Controlled Permanent Magnet," The Eleventh International Symposium on Magnetic Bearings(ISMB11), Nara, Japan, August 26-29 (2008).

  • M. Kimura and T. Hikihara, "A Numerical Study on Invariant Manifold Related to Transition of Intrinsic Localized Mode in Coupled Cantilever Array," 2007 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, Vancouver, Canada, September 16-19 (2007).

国際学会(ポスター)

  • M. Kimura and T. Hikihara, "A study on intrinsic localized modes in a macro-mechanical cantilever array with tunable on-site nonlinearity," IUTAM Symposium on 50 Years of Chaos : Applied and Theoretical, Kyoto, Japan, November 28 - December 2 (2011).

  • M. Kimura and T. Hikihara, "Intrinsic Localized Modes in Mechanically Coupled Cantilever Array with Tunable On-site Potential," SIAM Conference on Applications of Dynamical Systems, Snowbird, Utah, America, May 22-26 (2011).

  • M. Kimura and T. Hikihara, "Modification of Phase Structure for Manipulating Intrinsic Localized Mode with Impurity," Global COE 1st International Symposium on Photonics and Electronics Science and Engineering, Kyoto University, Kyoto, Japan, March 04 (2008).

  • M. Kimura and T. Hikihara, "Manipulation of Traveling Localized Oscillation Based on Phase Structure of Micro-Coupled Cantilever Arrays," MicRO Alliance Meeting, Kyoto University, Kyoto, Japan, October 01 (2007).

  • M. Kimura and T. Hikihara, "Stability Switching of Intrinsic Localized Modes in Coupled Cantilever Array," Workshop on Coupled Nonlinear Oscillators and Applications in Nanosystems, Santa Barbara, California, America, May 25-26 (2007).

  • M. Kimura and T. Hikihara, "Transition of Intrinsic Localized Modes in Coupled Cantilever Array Depending on Phase Structure," SIAM Conference on Applications of Dynamical Systems, Snowbird, Utah, America, May 28- June 1 (2007).

国内研究会など

  • 松岩 貴祐, 木村 真之, 谷口義治, and 松下泰雄, "相互インダクタンスにより結合された共振回路における定在波と局在モードに関する一考察," 電子情報通信学会 2014年総合大会, 非線形問題 A-2-8, 新潟県, 新潟大学, 2014年3月18日-21日.

  • R. Tsujisaka, M. Kimura, T. Hikihara, Y. Taniguchi, and Y. Matsushita, "A study on energy barriers for moving intrinsic localized modes over junction of two regions," 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2013-117, pp.23-27, 香港, 香港城市大学, 2013年12月6-7日.

  • 辻阪 龍, 木村 真之, 引原 隆士, 谷口義治, and 松下 泰雄, "2つの異なる領域を有する非線形格子における移動型ILMの速度変化に関する一検討," 第57回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI'13), 非線形現象とシステム制御(3) 236-5, 兵庫県, 兵庫県民会館, 2013年5月15-17日.

  • 辻阪 龍, 木村 真之, 谷口義治, and 松下 泰雄, "4自由度環状結合振動子系における定在波の空間位相に対するフィードバック制御について," 電気関係学会 関西支部連合大会, G1 電気理論・電気物理・レーザ応用 9pmH-6, 大阪府, 関西大学 千里山キャンパス, 2012年12月8-9日.[ポスター]

  • 木村 真之, 松下 泰雄, and 引原 隆士, "パラメトリック励振による空間局在モードの不安定化に関する数値的検討," 応用数理学会 2012年 研究部会連合発表会: 応用カオス, 福岡県, 九州大学 伊都キャンパス数理IMI棟, 2012年3月8-9日.

  • 木村 真之 and 引原 隆士, "調整可能な非線形性を有する結合片持ち梁系における空間局在モードの安定性および分岐に関する一検討," 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2010-180, pp.99-104, 東京都, 東京理科大学, 2011年03月10日-11日.

  • 木村 真之 and 引原 隆士, "マイクロカンチレバーアレイにおける空間局在モードの操作に関する一検討," 第54回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI'10), 機械システムの制御 W16-3, pp.91-92, 京都府, 京都リサーチパーク, 2010年05月19日-21日.

  • 松廣慎一郎, 木村 真之, and 引原 隆士, "操作に向けた周期外力による物質表面上の粒子運動に関する数値的検討," 第54回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI'10), 機械システムの制御 W16-4, pp.93-94, 京都府, 京都リサーチパーク, 2010年05月19日-21日.

  • 木村 真之 and 引原 隆士, "調整可能な非線形性を有する結合片持ち梁系における空間局在モードの励起と操作," 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2009-147, pp.41-46, 岐阜県, 飛騨・高山「煥章舘」, 2010年01月21日-22日.

  • Masayuki Kimura and Takashi Hikihara, "Manipulation of Intrinsic Localized Mode based on Invariant Manifold Structure," 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2008-72, pp.11-16, 石川県, 石川県文教会館, 2008年12月09日.

  • Masayuki Kimura and Takashi Hikihara, "Observation of Intrinsic Localized Modes in Coupled Cantilever Array with Electromagnets," 電気関係学会 関西支部連合大会, 電気理論・電気物理・レーザ応用 G1-18, 京都府, 京都工芸繊維大学, 2008年11月08日-09日.

  • 引原 隆士, 松廣慎一郎, and 木村 真之, "非線形共振を用いた表面近傍に在る粒子の選択的操作に関する数値的検討," 第52回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI'08), 非線形システム 7S4-5, pp.xx-xx, 京都府, 京都情報大学院大学, 2010年05月16日-18日.

  • Masayuki Kimura and Takashi Hikihara, "A Numerical Study on Traveling Intrinsic Localized Mode in Coupled Cantilever Array with an Impurity," 電子情報通信学会 2008年総合大会, 非線形問題 A2-2-26, 基礎・境界論文集 p.65, 福岡県, 北九州学術研究都市 三大学(九州工業大学・北九州市立大学・早稲田大学)合同, 2008年3月18日-21日.

  • 山本 晃弘, 木村 真之, 引原 隆士, "電磁石による永久磁石支持系の平衡点の分岐と制御ゲインに関する一検討," 電子情報通信学会 2008年総合大会, 非線形問題 A2-2-3, 基礎・境界論文集 p.42, 福岡県, 北九州学術研究都市 三大学(九州工業大学・北九州市立大学・早稲田大学)合同, 2008年3月18日-21日.

  • 山本 晃弘, 木村 真之, 引原 隆士, "永久磁石の浮上制御による磁性体の間接支持とそのモデルの検討," 電気学会 リニアドライブ研究会, LD-08-06, 電気学会本部, 2008年1月31日.

  • 山本 晃弘, 木村 真之, 引原 隆士, "永久磁石の浮上制御による磁性体間接支持の実験的検討," 電気関係学会 関西支部連合大会, 制御・システム G3-9, 兵庫県, 神戸大学, 2007年11月17日-18日.

  • 木村 真之, 引原 隆士, "固定境界をもつ結合片持ち梁における不安定な空間局在モードの不変多様体と移動に関する一考察," 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2006-31, pp.53-58, 石川県, 金沢大学, 2006年7月3日-4日.

  • 木村 真之, 引原 隆士, "固定境界をもつ結合片持ち梁における不安定な空間局在モードの移動に関する数値的検討, 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2006-8, pp.37-42, 熊本県, 熊本大学工学部, 2006年5月11日.

  • 木村 真之, 引原 隆士, "結合片持ち梁における空間局在モードの共存と移動について," 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2005-90, pp.27-32, 茨城県, 茨城大学工学部, 2005年12月16日.

  • 木村 真之, 引原 隆士, "結合片持ち梁における相空間の大域構造と空間局在モードの移動," 数理解析研研究集会「複雑流体の数理とその応用」, 数理解析研究所, 京都大学, 2005年11月16日-18日. 数理解析研究所講究録 No.1472, pp.193-202 (2006).

  • 木村 真之, 引原 隆士, "散逸のない結合片持ち梁系における空間局在モードの分岐に関する数値的検討," 電気関係学会 関西支部連合大会, 計測・センサ・マイクロマシン G2-17, 京都府, 京都大学桂キャンパス, 2005年11月12日-13日.


|| 研究助成 ||


|| 風景 ||